[ゴーストリコン ワイルドランズ] DLC「ナルコ・ロード」ロス・ヒネテス・ロコス編

しばらく間があいてしまいましたが、DLC第1弾「ナルコ・ロード」のロス・ヒネテス・ロコス編です。
実はすでにナルコロードはクリアしてしまったのですが、記事にする時間がなくて遅い更新となっております。。

会話にならないトニオ・マテオス

さて、3番目に潜入したギャングはトニオ・マテオス率いる「ロス・ヒネテス・ロコス」です。

このトニオ・マテオスは普通の会話をラップでしゃべるおっさんです。実際にいたら絶対友達になれないどころか、会話ができそうにありません。
構成員はよくコミュニケーションとれるなぁと無駄に感心します。

このロス・ヒネテス・ロコスと、最後のエル・インビシブレの2エリアのミッションは、結構あっさり終わります。
ですので、攻略ってこともなくプレイ日記のようになってしまうのをご容赦ください。そして多少ネタバレしていきます。

ミッションをぐいぐい進める

まずは何か取ってこいと言われるので、指定場所にいくとダイヤが入ったバッグが転がっており、それを盗んでトニオの指定場所のゴミ箱に隠します。

次は派手な飛行機を盗んでこいと指示がきます。トニオはひたすら派手なのが好きってやつですね。
ここの飛行機を盗む場所ですが、敵が15人以上います。
まともに正面からいくと失敗しがちですので、正面とは反対側まで隠れて進みましょう。青い飛行機が置いてあるあたりから近寄ると敵を1人倒すだけで、飛行機を盗むことが出来ます。

飛行機盗んだら指定の場所まで飛んでいけばOkです。

次は敵対するギャング「シン・アルマ」の車がかっこよくてムカつくから盗んで来い、と指示がきます。
とにかくトニオは自分が一番派手でカッコいい!と周りに言われていないと頭にくるようです。その向上心は素晴らしいということにしておきましょう。
場所を教えてくれるのは、もうここまでくると怪しさ満点の釣りが趣味なこの人です。
こいつがつまり、そういうことだろうなぁ・・ともう確信しながらひとまず車を奪いにいきます。
走って逃げる途中で事故ったので、スクリーンショットでは若干潰れていますが、これがシン・アルマのかっこいい車です。

そしてトニオの最期

ここまで活躍したおかげで、構成員たちは主人公のことをかっちょいい!と騒ぎ始めてしまっているようです。
そんなことになるとトニオは耐えられないので、レースで勝負しろ!といきり立ってきます。
5種類の車から好きなものを選んでレーススタートです。並走してレースかと思いきやタイムアタックです。途中にあるチェックポイントを時間内に通過していけばクリアです。ちゃんと道を走らずにショートカットして走っても大丈夫です。
なんなくゴールした主人公にトニオは逆上して飛行機で突っ込んできます。
さすがに今度は主人公が耐えられなくなり、飛んでくる飛行機のコックピットを1発で打ち抜いてトニオ死亡。メタルギアのクワイエット並みの狙撃をかっこよくキメてくれます。

これまでの2つのギャングのボスは自滅で死亡でしたが、初めて「処分」という結末に。
これでとうとう謎の人物エル・インビシブレに迫ります(もうバレバレですが)。


ゴーストリコン関連記事

©2017 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Tom Clancy’s, Ghost Recon, the Soldier Icon, Ubisoft, and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the US and/or other countries.

スポンサーリンク

3件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です