[BLESS] クローズドベータ1 ざっと感想

ざっと一通りプレイしたのでBLESSのゲームの特徴と、プレイした感想をまとめておこうと思います。
特徴的なところ、気付いたところを順不同で書いてますので読みにくかったらすみません。
ハイロン所属、ガーディアンとメイジをレベル25まで(今回のベータの上限)プレイしています。
※クローズドベータ1(以下CB1):2017年5月1日時点の情報です。

勢力とエリア

エリアの北側がハイロン、南側がユニオン勢力となっています。

キャラ作成の時にどちら所属か選択しますが、最初に作ったキャラと同じ勢力にしかキャラは作れません。勢力を変えたいときは全てのキャラを削除することで可能となります。
この2勢力が争っている状態という世界なので、基本的に別々になっておりチャットも他勢力には届きません。
CB1ではユニオンが圧倒的な人気だったようで、ユニオンだけキャラ作成制限がかかったりしていました。

進め方はオーソドックス

クエストに導かれる形でストーリーを進め、周囲のサブクエ消化しつつレベルを上げていくというとってもオーソドックスなタイプです。安定のシステムではありますが、斬新さはありません。
メインクエストの流れの中で、インスタンス ダンジョン(以下ID)も行く形になっています。IDでドロップする装備は、やはり性能がいいので装備集めにID周回する感じになるのもいつも通りですね。

ノンタゲという名のタゲ戦闘

戦闘時のスタイルをノンターゲットとターゲットから選択可能。いつでも自由に切り替えることができます。とはいっても、ノンタゲでも自動的にターゲットするのでほぼタゲ戦闘。TABキーでロックオンも出来ます。
ヒーラーのパーティプレイ時にはタゲ設定のほうがいいのかも?程度でしょうか。
ちなみにこれを切り替えると、移動操作も変わります。ノンタゲだとカメラ操作はマウスを動かすだけですが、タゲにするとマウスドラッグになります。慣れかもしれませんが、向く方向変えるのに常にドラッグというのはちょっと面倒で、戦闘スタイルの違いより移動操作まで変わるほうがインパクトが大きく感じます。
ちなみに戦闘自体は移動しながら戦うスタイルではないので、アクション戦闘という感じではありません。

キャラメイク

体系、髪、顔、化粧のカテゴリで、プリセットから選ぶ、カテゴリ内にある詳細項目を手動で選ぶ、もっと細かく全ての部位をスライダーで調整と簡単に作ることもこだわることもできるようになっています。
とはいえスライダーでのパラメータの幅がそこまで大きくないです。例えばものすごい造形の顔やバランスのめちゃくちゃな体系は作れません。相当いじったつもりでもある程度の範囲内で綺麗な感じになる印象。

スキル&ステータス

種族やジョブで得意不得意はありません。種族によって選べないジョブはありますが。基本的にはスキルと装備でステータスや強さが変わってくるタイプになっています。
ホットバーには8個までしか登録できないため、何をセットするかという方法でビルドを考える形。
適正スキルで方向性を決めて、それに合ったスキルを考えるこのシステムは結構楽しいです。3種類の適正スキルがあるので、それぞれのビルドを作りたくなりますが、レベル25までのスキルポイントだと試しに一通りのスキルを覚えるぐらいしか出来ず残念でした。

<戦術(スキルビルド)の構成画面>

ステータスは装備と装着するルーンで調整。防具は同名装備が各ジョブ向けにあります。どのジョブでも装備できますが、装備に付加されている追加ステータスが異なります。力+の装備はバーサーカー向け、防御+の装備はガーディアン向けみたいな感じ。ルーンは合成石を使って強化していく。+3までは失敗しないけど+4以上は失敗することがあって、失敗すると全損のタイプです。ルーンは付け外しが自由なので、せっかくルーンを付けたのに直後にもっといい装備ゲットしちゃって、こっちに付ければよかった!ということはありません。

PvP

フィールドではPK可能エリアでのPvPがあります。勢力の支配具合で保護エリア、PKエリアは変わるようです。CB1ではメインクエストで必ず通るところでPKする人が出没したりしていましたが、攻撃をうけなくなるアイテムもあるので、やり過ごすことも可能です。
フィールド以外でも最大100対100の大規模PvPのためのエリアもあります。これは目玉の1つのようですが、ルールとコツがまだつかめなかったのであまり楽しめてませんが、勝利のコツはプレイヤー同士の戦闘ではないので、ゲームの進め方の戦略駆け引きで楽しめるようなコンテンツになるといいなと感じました。

<大規模PvPの出撃前>

テイミング

モンスターを捕獲することが可能です。つかまえたモンスターによって騎乗、ペット、ミニオン(部下NPC)の3種類がある模様(飛行動物は未実装?)。400種類以上あるとのことで実用だけでなくコレクションの楽しみもありそう。
捕まえたモンスターはレベル、強化などいろいろ育てる要素がある模様です。

昼と夜

昼夜ありますが、夜になってもフィールドは常に明るいです。昼夜それぞれの時間が結構長いので、暗くならないほうがいいのかもしれません。
夜にだけこなせるクエストが1つありましたが、ざっとプレイした感じでは夜限定のモンスターなどは分かりませんでした。でも絶対あるんでしょうね。

感想を雑多に書きましたが、個人的にまとめるとオーソドックスなタイプのMMORPGなので飽きそうな感じがヒシヒシするものの、今後の調整と実装されるコンテンツ次第ではまだ期待できそうかも!という印象でした。
スキル周りは作り込みが楽しそうなので、やりがいのあるIDやレイドが実装されたら面白そうですし、テイミングのやり込みも魅力を感じます。
戦闘の楽しいMMORPGになるのを期待したいところです。

© NEOWIZ. All Rights Reserved.© NEOWIZ BLESS STUDIO Corp. All Rights Reserved.© GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です