[Gears of War 4] ストーリーモード クリア

ここのところ初代ダークソウルばっかりやってたせいでブログ更新まるで出来ていませんでしたが、期待の新作ゲームがきたのでひさびさ記事化です。
5/25にとうとう日本でも発売となった「Gears of War 4」をさっそくプレイしてみました。
他国では昨年発売になっていましたが、日本ではレーティング審査の関係で一旦は発売中止となっていたものの、この度審査通ったらしくめでたく正式に日本上陸です。しかも海外版からの表現修正なしでうれしい限りです。

今作はXbox One、Windows PCどっちでも遊べるPlay Anywhere対応ゲームなので、Xbox One持ってないよという方でもPC版で遊べちゃいます。マルチプレイもXbox、PCのクロスプレイが可能です。Windows PCでプレイしましたが、ゲーム本体の容量は驚きの125GB!他国で発売されてから半年分のアップデートが入っているからですが、それにしてもでかい。。。
Gears of War シリーズで熱いのはマルチプレイですが、ひとまずストーリーモードをクリアしてみました。

主人公はマーカスの息子世代

前作から25年後の世界が舞台となっており、前作までの主人公だったマーカスの息子ジェームス(愛称JD)が主人公。JDの友人のデル、アウトサイダーのケイトの3人がストーリーの中心となっています。

JD、デルはGearsシリーズ伝統の鍛え抜かれたガチムチ筋肉キャラですが、お父さんのような気難しいストイック野郎ではなく、軽口を叩くような明るい青年です。
周りがごつすぎるのも相まって、ケイトはとっても可愛く見えてきますw
序盤でマーカスお父さんと合流しますが、60歳を超えたマーカスも相変わらずの全身筋肉で若者にも負けていません。

普遍のカバーアクションと超美麗グラフィック

シンプル操作で気持ちいいカバーアクションは普遍。敵がウェーブになって攻めてくるシステムも変わらずいい意味で安定のいつものGearsです。
ローディーランからカバーして射撃、近づいてランサーで切り刻む、スピーディで気持ちいのいい戦闘は健在です。
グラフィックは非常に美しいです。PC版だから余計だと思いますがあらゆる表現が驚異的です。建物などの背景、天候の表現、敵のアニメーション、などなど、これは実際に見ていただきたいと言うしかありませんが、世界に没入するレベルが違います。

ストーリーモードは小気味よくクリア可能

Act1~Act5に分かれ、それぞれが4~6個のチャプターで構成されています。
十分なボリュームはありますが、スピーディーな戦闘でどんどん進められ10時間程度でクリア可能です。昨今のゲームのストーリーモードとしては短いですが、個人的にはちょうどいいボリュームだったと感じています。
少し不満だったのは、エンディングが「そこで終わっちゃうの??」という終わり方だったことぐらいです。歴代のGearsファンなら「え??それって・・まさか・・」となる終わり方だったので、もうちょっと見たかったのが正直なところですが、次回作があることは確実になったといえるエンディングでした。

↓ヒントはこちらのエンディング画像

やっぱりマルチが最高

ストーリーをクリアしたあとにHordeを少しやってみましたが、これは相当楽しそう。
Hordeは4人共闘で、ウェーブとして攻めてくる敵AIを殲滅していく協力プレイモードです。
倒した敵が落とすパワーを集めて,「ファブリケーター」で防衛施設や武器を作りつつ,自分達の拠点を守ることが攻略の鍵となりそうです。
また、ソルジャー、スナイパー、エンジニア、ヘビー、スカウトという5種類のクラストが用意され、役割分担があるところも奥が深い要素です。
過去作でもHordeは人気でしたが、今作から新要素を多く取り入れた新Hordeとなっており、非常にやり応えがありそうです。
マルチはやりたいけど、対戦はちょっと苦手、という方にも協力プレイで楽しめるHordeはお勧めです。

結論=是非プレイするべき!

往年の気持ちいい戦闘、魅力的な新キャラ、新たな敵、過去作の主人公だったおじいちゃん達も健在、と楽しめる要素満載で、シングルもマルチも本当に面白いです。
日本版が発売開始されたばかりということもあり、マっチングも素早いですし、是非プレイして頂きたい1本です。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です