[E3 2018] Xbox ブリーフィング現地からレポート

今年も運よくE3に行くことが出来たので、見れたもの、印象などを思い出アルバム的にまとめます。

xbox e3
既にメディアの記事などでさんざん書かれてますが、今年のXboxのブリーフィングはゲームタイトルのラインアップが凄まじかった。単純に紹介されたタイトル数が多いというだけでなく、大型タイトルがどんどん紹介されて会場はずっと歓声!という感じでした。

昨年の記事はこちら [E3 2017] Xbox E3 ブリーフィング感想

何が紹介されたのかはメディアの記事に譲るとして、個人的に興奮した期待作はこちら。

個人的に購入決定、要チェックのタイトル

  • 隻狼(SEKIRO):Shadows Die Twice(FROMSOFTWARE)
    去年の年末にチラ見せティザー映像が公開されブラッドボーン2じゃないか?!など期待と憶測が飛び交った話題作がついに発表!フロム信者としては買うのは確定です。発売が待ちきれない。。
    仏像、武士の映像から日本のタイトルなのは分かるけど何??と思っていたところでFROMSOFTWAREのロゴで会場騒然。その後のActivisionのロゴでちょっと会場困惑w(どうやら海外での販売をActivisionがやるらしく開発は関係ないらしい)海外でもダークソウル、ブラッドボーン人気は凄いので会場全体かなりの盛り上がりでした。
  • Division 2(UBISOFT)
    ニューヨークからワシントンD.C.に舞台が移って、8人レイドも追加。基本システムは同じなのかな?という感じ。Divisionのオープンワールド ハクスラは大好きなのでこちらも買うリスト入り。
    既にタイトルは発表済みだったのと基本的なところは同じなこともあり会場熱狂という感じではありませんでしたが、絶対面白いのは確定でしょうから安定の反応といったところ。
  • Forza Horizon 4(Microsoft Studios)
    Forzaフランチャイズのスポーツレーシング シリーズであるHorizonの新作。レースゲーム特に好きではないんですが、前作かなり面白くてがっつりハマったためこの新作も購入決定。今回の舞台はイギリスで四季が追加されているようです。前作はDLCで雪山がありましたが、今回は同じ場所で四季が変わるらしく、季節にあった車で走り込むのは楽しそう。
    自社タイトルということもあって毎回発表に手が込んでいるForza。今回は秋のシーンで会場に紅葉した葉っぱが舞い、冬のシーンで冷たい風が吹いてくるという演出。前作が大ヒットしたこともあり、こちらも安定の人気を感じます。
  • Dying Light 2(Techland)
    前作は実はやってないんですが、今作は面白そう!と思った1本。昼間と夜でプレイ内容が変わるようで、昼は町を興したり仲間を増やしたり、選択によって結末が変わっていくRPGっぽい作りです。Falloutのような印象を受けました。夜は前作同様動きの速いゾンビが襲ってくるという感じでした。要チェックの1本。
  • Cyberpunk 2077(CD Projekt RED)
    ウィッチャーでおなじみCD Projekt REDが作る近未来オープンワールドRPG。自分の体を機械に改造したり、かなり暴力的な描写だらけだったり、世界観がかなり好み。CD Projekt REDが作っているというところも期待が膨らむポイントです。こちらも続報に期待の1本。
    これが会のトリを飾ったタイトル。急に会場のスクリーンがハッキングされた感じの映像になる演出からのトレーラー。CD PROJEKT RED PRESENTSの文字が出たときに会場大歓声。詳しいゲームファンは6年前に発表されたCyberpunk 2077だと気付いたようです。トレーラーはゲームプレイ映像っぽいものはありませんでしたが、開発会社に絶大な期待があることが分かる1本でした。

会場が盛り上がったその他のタイトル

  • Devil May Cry 5(カプコン)
    トレーラーでCAPCOMのロゴが出たあたりでは「ん?」って感じの反応でしたが、その直後にDevil May Cryの文字が出た途端に会場大騒ぎwもう10年前だけどDevil May Cry 4は全世界で大ヒットしたタイトルだし、何といっても今回はナンバリングタイトルということもあり、それはもう大盛り上がりでした。トレーラーに出てくるのはネロとダンテですが2人ともだいぶ歳をとってますねw

    【比較画像】

    でももちろんスタイリッシュアクションは変わらず、今回はスタイリッシュに技を決めれば決めるほどBGMも盛り上がってくる仕掛けになっているそう。さらにバイオ7のグラフィックエンジンを使っていてリアルなグラも期待できます。

  • Fallout 76(ベセスダ)
    既に発表済みではあるもののわざわざベセスダのトッドさんが登壇して初お披露目のトレーラー放映。やはり海外での人気は絶大で終始大歓声でした。
  • Jump Force(バンダイナムコ)
    完全新規タイトル。少年ジャンプ大集合!みたいなタイトルで、ナルト、ルフィ、悟空と順番に映像に登場するたび会場の歓声がどんどん大きく。映像見たときは3Dになったキャラの見た目が日本人好みじゃないかもなーと思ってましたが、実際E3会場でプレイしてみたら全然グラフィックは気にならず、気持ちよく動いて楽しい感じでした。
  • Halo: Infinite(Microsoft Studios)
    アメリカでは絶大な人気を誇るHaloなので(アメリカでおもちゃコーナーには必ずHaloフィギュアコーナーがあるほど)当然ですが、トレーラーにマスターチーフのヘルメットが登場した瞬間会場大歓声。発売タイミングも何も出ませんでしたがファンには嬉しい発表でした。
  • Gears 5(Microsoft Studios)
    今回Gearsフランチャイズは3タイトル発表。最初スマホゲームのGears POP!、PC向けストラテジーのGears Tacticsと発表され、悪くないけどナンバリングは無いのか・・と思わせておいて最後にナンバリング Gears 5の発表で会場絶叫!でした。前作のエンディングでケイトがローカストの紋章を祖母の形見として持っていた意味深なところで終わっていましたが、Gears 5はケイト主役となるようです。まだまだ内容は分かりませんが文句なく楽しみな1本です。

E3会場の様子はまた別記事で書く予定です

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください